リ・ダーマラボの使い方チェック

リ・ダーマラボのモイストゲルプラスによる徹底保湿の特徴

2017/08/18

リ・ダーマラボモイストゲルプラスのボトル

リ・ダーマラボはどんな人にオススメできるのでしょうか?

保湿効果が徹底しているモイストゲルプラスというオールインワンゲルはどのように保湿を徹底しているのでしょう。
その謎を解き明かしていきましょう。

天然ナノセラミドで肌バリアサポート

まずモイストゲルプラスは水分の蒸発を防いで、お肌に潤いを閉じ込めるという作用を持っています。

角質層の細胞間脂質にある40%から60%を担っているのがセラミドです。
このセラミドがしっかり肌に蓄えられていると、紫外線や外的刺激から肌をしっかり守り、肌バリアを作ってくれます。

しかしセラミド不足で乾燥がすすむと、潤いが逃げやすくなり、肌バリア機能が低下するので乾燥、シミ、シワなど肌トラブルが起こる可能性があります。

健康な肌はセラミドで満たされている状態ですが、不規則な生活や偏食などによってセラミドが失われることになり、年齢と共にセラミドも少なくなってきます。

そんな角質層の肌バリアをリ・ダーマラボの独自テクノロジーで皮膚細胞の間と同じ大きなナノ化させたセラミドによって、肌をセラミドで満たしてしっかり強化した肌バリアを作ります。

3種類のヒアルロン酸、19種類のアミノ酸

モイストゲルプラスは3種類のヒアルロン酸が配合されています。

高分子ヒアルロン酸、スーパーヒアルロン酸、低分子ヒアルロン酸というものになります。
ヒアルロン酸はもともと分子量が大きいので、そのままでは肌の内部にまで到達することができません。

ですからスーパーヒアルロン酸で角質層まで浸透し、低分子化したヒアルロン酸で角質層の奥までヒアルロン酸を浸透させ、しっとり潤いのある肌が完成します。
もちろん、高分子ヒアルロン酸は皮膚表面にとどまり、皮膚をコーティング、潤いを逃さないようしっかりキープします。

さらに19種類のアミノ酸を配合、肌がもともと持っているアミノ酸は保湿力も高く、人間が本来持っているものだからこそ浸透力もアップします。

19種類のアミノ酸を絶妙に配合して角質層を潤いで満たすことによりふっくらとしたみずみずしい肌へ生まれ変わるのです。

-リ・ダーマラボの使い方チェック